レンタルオフィスでレッツ開業!経営者お助けマニュアル

笑顔の男女

都心のオフィスが人気です

笑顔

オフィス需要の変化です

東京のオフィス需要は景気の影響を受けます。景気が悪化すると家賃の安い物件にオフィス移転が起こります。都心から周辺地域にオフィス移転をする企業が増加するのです。東京の都心と呼ばれるのは港区、千代田区、中央区の三区、それに新宿区と渋谷区を加えた五区です。都心の賃料は周辺部に比べると大幅に高くなっています。東京の中でも商業と行政の中心地であるためです。外資系企業の多くも都心にオフィスを構えます。それでも、景気が悪化した時期には外資系企業であっても、台東区、江東区、江戸川区などの比較的賃料水準が安い地域にオフィス移転をすることもありました。最近では景気の回復に伴って、都心にオフィス移転をする企業が増加しています。

新築物件が人気です

東京ではオリンピックの開催に向けて交通インフラの整備を含む公共工事が活発に実施されています。ホテルやオフィスビルの建築も増加しており、建築費は高騰しています。賃料は新築物件の方が古い物件よりも高いのが当然であって、築年数と賃料は反比例すると言われています。それでも、多くの企業は新築物件を選択する傾向にあります。その理由の一つは耐震性です。東日本大震災以降の新築物件は耐震性が大幅に増しています。また新築物件は防犯関係のセキュリティも強化されていますので、企業の情報管理の観点でも評価されています。新築物件は環境を意識しているものが多いので、省エネの観点でも魅力があります。環境を意識している企業とのピーアールにもなります。

Copyright© 2015 レンタルオフィスでレッツ開業!経営者お助けマニュアルAll Rights Reserved.