レンタルオフィスでレッツ開業!経営者お助けマニュアル

笑顔の男女

田舎でも仕事は可能です

オフィス

田舎へ会社移転は可能です

地方創生という大きな政府の方針があるなかで都市部の周辺の田舎でも産業誘致をしようとする動きが広がっています。特に首都圏などから高速などを使って車で1時間半ぐらいまでの場所であれば、実際に東京などとの行き来が車で現実的な時間で可能ということから選択肢が広がっています。田舎といっても現代では光ファイバー網が既に整備されており、首都圏でオフィスを開いたり、また、住宅を取得したとしても十分な速度のインターネット環境を売ることが容易なところは沢山あるのです。これからは高いオフィス賃料の首都圏から離れて、様々なコストが安くリゾート気分を味わえ、空気もよいし緑も豊かな田舎への事務所移転が進むことが予測されています。

IT企業は田舎でできます

首都圏などから田舎への事務所移転が特に有利なのはIT企業なのです。光ファイバーなどの敷設によりインターネット環境は十分ななかで、コンピューターで稼ぐ、ネットのやり取りで稼ぐといったことが主流のIT企業であれば、何も高賃料の首都圏に事務所を構える必要はなく、事務所移転として田舎に移転することに大きな抵抗はないため、IT企業の田舎への事務所移転が増えてきています。また、ヒーリングを提供するようなサービス業といったものも、リゾートがあるような田舎で気候も温暖、海の幸も豊かといったところでは、首都圏から車で1時間半程度であれば十分商売として成り立ちます。首都圏からわざわざ出かける価値があることが前提ですが、豊かな自然環境がある田舎の魅力というのは、それだけで付加価値になるのです。

Copyright© 2015 レンタルオフィスでレッツ開業!経営者お助けマニュアルAll Rights Reserved.